フェブラリーステークスで買いたいのは3頭だけ!買い目は単複とワイド1点勝負!!

掲載日:2022.02.20

フェブラリーステークスで買いたいのは3頭だけ!買い目は単複とワイド1点勝負!!

ゴールドアクター、サトノクラウン、サトノダイヤモンド、シャンハイボビー、デクラレーションオブウォー、ファインニードル、ベストウォーリア、マインドユアビスケッツ、ミッキーロケット、リアルスティール、レッドファルクス、レインボーライン…。

さて、ここで問題。上記に挙げた馬の共通点は? 答えは産駒が今年デビューする種牡馬でした。てか、簡単に分かりますよね(笑)。

ということで、わたくし覆面生産者的、2022注目の新種牡馬ベスト3を発表しちゃいます。少し前にも同じ様な企画をしましたが、あれは種牡馬全体の注目馬(ちなみにベスト3はモーニン、ヘンリーバローズ、シルバーステート)ですので、お間違いなく。どうでもいい事ですが。

本来なら社台スタリオンのサトノクラウン、サトノダイヤモンド、リアルスティールの3頭に注目が集まるが、そんなものはサルでも分かる訳で、私が注目する新種牡馬ベスト3は、この3頭だ!!

まずは注目の新種牡馬3位は、レッドファルクスでございます。この馬は良いよね。スプリンターズ2連覇で、ダートでも走れるスプリント界の二刀流。種付け料も確か80万辺りか。ローリスクでハイリターンが狙える、生産者には優しい種牡馬です。

続きまして注目の新種牡馬2位は、シャンハイボビーです。ちなみにシャンハイの産駒ではありませんので(笑)。この馬は顔がサンデーサイレンスにクリソツで、とにかくカッコいいのよ。

ただし種付け料の200万が、ちと高い。せめて150万なら絶対に付けたいんだけど。たかが50万と言うなかれ。ウチみたいな貧乏牧場にとって、50万は貴重なのよ。その50万の偉大さが次で分かる。

そして注目の新種牡馬、栄えある1位は(あくまでも私だけのね)!!

おめでとうございます。優駿スタリオンのベストウォーリアでございます。昨年の1歳セリでベストウォーリア産駒の1千万超えが数頭。しかも種付け料は30万ですよ。産駒の売却率も9割近くと優秀。今年は種付け料が50万に上がったが、むしろ安いくらい。我が牧場も毎年付けております。

ベストウォーリア、そしてモーニンの2頭は、生産者に夢を見せてくれる種牡馬なんですよ。これからもお世話になります。

以上がわたくし覆面生産者的、注目の新種牡馬ベスト3となります。ひと足早いPOG対策になったでしょうか(笑)。

日曜日の小倉大賞典。単勝を買いたいのはラブリングアレー。外差し天国の今の小倉の馬場も味方する。

今年もどうせ荒れるんだ。ラブリングアレー、アールスター、カデナの3頭ワイドボックスも買いたい。

フェブラリーステークスはメルマガ無料予想で配信。買い目は狙い馬の単複とワイド1点勝負!!

マテラスカイの種付けは即満口。残念ながら我が牧場は取れませんでした(泣)。この馬のスピードは魅力的なんだよな。来年こそは!!