オカダvs内藤を札幌で見れる喜びに、ただ1つだけ不安がつきまとう(-_-;)

掲載日:2022.01.22

オカダvs内藤を札幌で見れる喜びに、ただ1つだけ不安がつきまとう(-_-;)

今回のコラムは、プロレスに興味がない方にはどうでもいい内容です(笑)。それでも後半は日曜日の小倉11R豊前ステークスの狙い馬を公開するので、プロレスに興味がない方は前半は飛ばしてください。

ということで、2月19日と20日は新日本プロレス札幌大会2連戦。場所は道立総合体育館(きたえーる)で、20日のメインはオカダ・カズチカvs内藤哲也のタイトルマッチです!!

いやいや、このオカダvs内藤は東京ドームのメインを張る鉄板カードですよ。それが奥さん(誰?)、こんなカードが札幌で見れるなんて、プロレスファンなら激熱でしょう。ですから当然、チケットはもう押さえましたよ。

ちなみに私の予想は王者レインメーカーが、あっ、レインメーカーはオカダのことね(苦笑)。王者オカダが内藤を破って、ベルトを防衛すると思います。

今年で新日本プロレスは50周年。その記念すべき年の主役はレインメーカー、オカダ・カズチカだよ。会社もプッシュするでしょうから。

そんな楽しみの新日本プロレス札幌大会ですが、唯一の不安なことが。実は我が牧場の一発目のお産予定日が、殆んどプロレス観戦日と重なっているのよね(泣)。

仮にもしもプロレス観戦日に繁殖に陣痛がきたら、そりゃ間違いなくお産の方が重要ですよ。牧場の責任者ですもん。泣く泣くだけど。

だから毎日の様にその繁殖牝馬の乳房の張りをチェックしながら、こう願いをかけてます。「とりあえずプロレスの日だけは、お産しないでね!」と。

日曜日の小倉11R豊前ステークス。単勝を買いたいのはキーフラッシュとロッシュローブ。この2頭のワイドも買います。

日曜日の東海ステークスで絶対に買いたいのが、アノ穴馬ただ1頭。同じく日曜日のAJCCで買いたいのは、うーん、とりあえずアノ馬かな。とりあえずは東海ステークスに全力投球!!

先週日曜日の日経新春杯は、9番人気ヤシャマルの複勝510円を的中。ただし、肝心の京成杯は不的中。こちらはご迷惑おかけしました。