朝日杯のレッドベルオーブは寝ていても勝てるが、それでも買いたいのはアノ穴馬!!

掲載日:2020.12.18

朝日杯のレッドベルオーブは寝ていても勝てるが、それでも買いたいのはアノ穴馬!!

まずは先週の阪神ジュベナイル。「前走は柴田大知のヘタレ騎乗も、直線で見せた脚は阪神外回りの舞台でこそ生きる」と述べた、6番人気の狙い馬ユーバーレーベンが3着に激走。450円の複勝を何とか取りました。

1番人気のソダシ、2番人気のサトノレイナスが馬券内に来たことで、3連複と3連単を的中された会員様もいらした様ですね。

とりあえずは私の狙い馬が馬券内に来てくれて、ホッとしている。

ただし、同じく日曜日の中山カペラステークスは、残念ながら不的中。こちらはご迷惑おかけしました。

今週は朝日杯フューチュリティステークス。相変わらず、なんだこのレース名は。舌が回らねえよ。

1番人気が確実のレッドベルオーブは、はっきり言って能力が抜けている。それこそ鞍上の福永が寝ていても勝てる。だが、それでも私が買いたいのはアノ穴馬!!

昨年は14番人気グランレイの複勝2360円を狙って的中。さてと、今年はアノ馬の走りが今から楽しみだよ。

12月20日、日曜日の中山11Rディセンバーステークス。狙いは夏の函館以来も鉄砲が効くレッドサイオン。2走前の巴賞で1番人気に推された実力馬。木幡育也に乗り替わりも素敵で、馬券はレッドサイオンの単複。それと保険で?、サトノダムゼルの単勝も。

既にネットニュース等で報道されている通り、優駿スタリオンが満を持して導入予定だったタピザーが、まさかの急死。

タピザーの種付け申し込みは瞬殺で満口。馬産地日高の期待度も相当高かっただけに、本当に残念。もちろん我が牧場の繁殖にも付ける予定でしたよ。ヘニーヒューズの繁殖にタピザーを付けて、モノモイガールの再現を狙ってたのだよ(泣)。

とはいえ、いくら嘆いても、タピザーはもう来ない。ということで、タピザーの代わりにミスターメロディを付けることにします。

ところでミスターメロディって、確かスプリントのG1を勝ってましたよね? てか、これからミスターメロディについて調べます(笑)。