残念無念の桜花賞

掲載日:2010.04.14

我が牧場は昨日(13日)今日(14日)と種付けラッシュ。ちなみに、その内訳は13日がキングヘイローとマヤノトップガン。本日14日が、フサイチコンコルド、キョウワスプレンダ、パラダイスクリーク、キングヘイローの4頭で、2日合わせて6頭の種付けと大忙しの2日間。それに加え、私の実家の問題もあって、ここ2日程まともに寝ていない状態。拝啓、我が御両親様。馬の仕事を辞めて家業の仕事を継ぐという話。私は馬の仕事を辞めるつもりは今の所ありません。こんなバカ息子ですいません。

先週のクラシック桜花賞。私の狙い馬、サウンドバリアー、ワイルドラズベリーは共に惨敗。「魔の桜花賞ペース」なんて言葉はもう死語。ドスローの流れを読み、早めの競馬でアパパネを勝利に導いた、鞍上の蛯名は見事としか言いようがない。それにしても今回の桜花賞は、自分でも自信があっただけに本当に悔しい。この悔しさを今週末の皐月賞にぶつけてやる。 その皐月賞で間違いなく1番人気確実のヴィクトワールピサ。

私はこんな危険極まりない人気馬など、買う気はさらさらありません。今週も攻めの予想を貫きますので、イベント参加者の皆様、よろしくお願いします。尚、今週もイベント週ですが、土曜日の競馬予想は当サイトで公開しますので合わせてよろしくお願いいたします。