ノヴェリスト産駒の真打ちラストドラフト初陣! JCよりも京阪杯!!

掲載日:2018.11.23

今週はジャパンカップ。てか、「ジャパンカップ」なんて名ばかり。今年の海外からの出走馬は2頭。2頭ですよ(苦笑)。

そりゃね、今の日本の高速馬場に、昔みたいに凱旋門賞馬やアメリカ最強馬を走らせたいなんてオーナーは居ませんよ。

近年はジャパンカップなんか見向きもされず、暮れの香港国際競走が世界競馬の主流。

更に今年のジャパンカップをシラケさせたのが、マカヒキとミッキーロケットの回避よ。

いや、別に出涸らし状態のマカヒキなんぞには興味なかったが、ミッキーロケットの回避は本当に残念。

「日本のトップホースVS世界の強豪馬」なんて謳っていたジャパンカップは、今や昔。

かつて茶色い芝で行われていたジャパンカップは本当に凄かった。毎年海外から「えっ、こんな馬が来るの?」と驚いたものだ。

特にトウカイテイオーが勝った年の外国馬は、今でも最高の面子だったな。

なんて昔話を語っても仕方がない。

今年のジャパンカップの主役は3冠牝馬アーモンドアイ。ぶっちゃけ、今年のメンバーなら楽勝か。

アーモンドアイの父ロードカナロアの来年の種付け料が1500万に大幅値上げ。この値上げは既に「ジャパンカップも勝ちますよ」と言っているようなもんだな(笑)。

今年のジャパンカップは本命馬の単勝とワイド1点予想で配信。こんなレースより同じ日の京阪杯の方が、馬券的にも面白い。こちらの京阪杯は人気ガタ落ちの穴馬が大本命!!

先週のメルマガ予想は土日共に本命穴馬が高配当を連発!! マイルチャンピオンシップの本命馬アルアインは3着でした。

今週日曜日の東京新馬戦に、今年のPOGドラフト1位指名馬ラストドラフトが出陣する。私の今年のPOG馬を知りたい方は、過去の生産者コラムから探してください(笑)。

ラストドラフトは父ノヴェリスト、母は桜花賞馬マルセリーナ。2世代目にして、ようやくチョイチョイ走り出してきたノヴェリスト産駒。そのノヴェリスト産駒の真打ち登場です。

今年は例年以上に調子が良い私のPOG。ここ数年は常に負け組だったが、今年の私は違うぞ(笑)。

このラストドラフトでクラシック、いや、ダービーを狙うのは本気ですから!!

写真は我が牧場のハービンジャー産駒。ラストドラフトとは関係ありません(笑)。