中山記念のドゥラメンテは本当に安泰なのか?

掲載日:2016.02.26

22日に行われた、地元新冠町の優駿スタリオンの種牡馬展示会。

優駿スタリオン展示会の日は、毎年雪による悪天候なのだが(苦笑)、この日は珍しく快晴。ただ、風が強くて寒かったけどね。

今年の優駿スタリオンの展示会は、同スタリオンで繋養されているヘニーヒューズ産駒のモーニンが、前日のフェブラリーステークスでの勝利も手伝ってか、例年以上の盛り上がりを見せた。

ちなみにヘニーヒューズの種付け料は300万円(高っ!!)なのだが、既に満口状態らしい。我が牧場ではヘニーヒューズの種付けの株を持っているので、とりあえずはひと安心。種付け料が高くなる前に株を買っておいて良かったよ(笑)。

今週から中山、阪神開催が開幕。土曜日は阪神でアーリントンカップ。日曜日には中山で中山記念、阪神では阪急杯が行われる。

中でも注目はドゥラメンテが出走する中山記念。とにもかくにも、問題はダービー以来の出走となるドゥラメンテだな。

いやいや、ドゥラメンテが普通の状態なら、普通に馬券内に来るだろう。鼻唄混じりの圧勝もある。問題は、「両前脚の骨折明けの今回だけ、どうなのよ?」という点だけ。

ドゥラメンテを買いたい方は、普通に買えばいいんじゃないすか。私は中山記念の買い目にドゥラメンテは入れない。だから3連複、3連単馬券は買わない。

ドゥラメンテから逃げてる?逃げてる、逃げてないの問題ではない。これはリスクテークの問題だ。

「ここでは馬券内は外さない」。そう言われてきた実力馬が、馬群でもがく姿を私はこれまで何度も見てきた。ドゥラメンテとて、例外ではない。ましてや、両前脚の骨折が原因での長期休養明け。それでも馬券内に来られたら、それはそれで仕方がない。

それでも今回のドゥラメンテに限っては、私は静観する。貴方は私同様、今回に限ってはドゥラメンテを静観しますか?それとも、「わーい、ドゥラメンテだ!!」と品が無く飛びつきますか?

dsc_0136