今年のクラシックは大混戦!!今月デビュー馬でもダービーには間に合う。

掲載日:2013.02.08

只今、2月7日の木曜日、夜の6時30分。私は今、お産予定間近の繁殖牝馬の馬房の隣にある、待機部屋でこの原稿を書いている。
我が牧場の2月お産予定馬は3頭。ちなみに一番早いお産予定日は明日の8日なのだが、その繁殖牝馬がまったく産む気配がありません(苦笑)。本当に困ったもんです。

昨年から種牡馬をガラリと変えたので、今年の産まれてくる産駒はバラエティーに富んでます。お産頭数予定は19頭。無事なら男でも女でもどちらでもいいのだが、出来れば男馬が多く産まれます様に。生産者の本音である。

今週は共同通信杯ですね。このレース名を聞くと、いよいよクラシックが近づいてきた!!と感じさせます。
私の中では今年のクラシックは、男馬、牝馬共に大混戦。特に男馬の現時点のトップはエピファネイアですよ。お父さんは黒くて重いダート血統ですよ。しかも鞍上は、ここ一番では必ず追い負ける(ということは追えない)福永ですよ。どうもこの馬、私の中ではトライアルホースの匂いがプンプンするのよ。弥生賞は勝つだろうけど、果たして肝心の皐月賞、ダービーではどうかな。

今年のクラシック。現1勝馬、もしくは今月デビュー馬でも十分に間に合う。さすがに皐月賞には厳しいが、ダービーまでは、まだまだ日にちがある。すでに私の中では皐月賞、ダービーと、狙う馬はある程度決まっている。エピファネイア、コディーノ、キズナ等の有力馬連中など眼中に無し。後はこれからのトライアルレースをじっくりと観察していきたい。

今頃になってSKE48の「片想いfinaly」にはまってしまっている覆面生産者です。

今週は有料予想会員様限定で、久し振りのWIN5予想(32点以内)も配信します。