クラシックシーズン開幕!! 今週は弥生賞&チューリップ賞。

掲載日:2012.03.01

3月に入り馬産地日高の牧場では、あちらこちらで新しい命が誕生している。
そんな中、我が牧場はというと、少し前の当コラムで写真を 載せたアドマイヤムーンの牡馬以外、まだ1頭も産まれておりません。 すでにお産予定日が過ぎている繁殖牝馬が4頭いるのだが、まるっきり産む気配がない。今年のお産予定は21頭。後が押して来ています。2月予定の繁殖はさっさと産んでくださいね。 特に予定日から半月以上過ぎているお母さん馬。お腹のハービンジャーの仔を早く出してくださいね。いつまでたっても角田晃一に連絡出来ませんよ。
コイツが半月以上遅れている繁殖牝馬(お腹の仔はハービン ジャー) ↓

今週は皐月賞&桜花賞の最重要トライアルレース、弥生賞とチューリップ賞が行われる。わたくし覆面生産者の見解ですが、弥生賞のアダムスピー ク。チューリップ賞のジョワドヴィーヴルには正直逆らえません。この2レースは上記の人気馬から、人気を落とす穴馬へのワイドでの勝負となり ます。又、今週の1番の勝負レースとなる日曜日の中京メイン中日新聞杯は、わたくし覆面生産者がここまで暖めてきた、とある穴馬を狙い打ちます。その他にもオーシャンステークス
も行われる今週からの3月競馬。わたくし覆面生産者と共に戦っていきましょう!! すでに先週からご案内の通り、今週からの3月有料予想会員を当サイト内にて受付中で す。先週の日曜日は不甲斐ない成績にも関わらず、たくさんの方々からの参加受付を頂きまし た。 まずはこの場を借りて厚く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。そし て先週の日曜日の不的中、誠に申し訳ありませんでした。 今週の 無料予想もメルマガにて配信します。よろしくお願い致します。