桜花賞戦線に異常あり

  • 2011-4-2

春のセンバツの東北高校。世界競馬の祭典ドバイワールドカップでの、ヴィクトワールピサとトランセンドの日本馬同士のワンツー。日本代表とJリーグ選抜でのキングカズの鮮やかなゴールシュート。分野こそ違えど、各スポーツ界から被災地に向けて勇気と感動を与えてくれている。本当の感動には言葉なんか必要ない。こみ上げそうになる涙がそれを証明してくれる。拝啓、プロ野球セ・リーグの上層部の方々(特に巨人の)。貴方様方が常々おっしゃっていた「勇気と感動の試合」とは、こういうモノなのです。綺麗事を並べても利益優先の意図を感じさせるようでは、「勇気と感動」もあったもんじゃない。

今年の桜花賞の最有力だったレーヴディソールの骨折にはビックリさせられた。桜花賞どころか、ダービーに出走しても勝つと思っていた。同じ生産者として同馬の桜花賞出走断念には胸が傷む。が、馬券的には俄然面白味が出てきたのも事実。わたくし覆面生産者の本命は、この桜花賞まで温めていた人気薄の穴馬で勝負します。桜花賞馬確定のはずだったレーヴディソールの回避により、一転主役不在の混戦模様の桜花賞。その桜花賞はいよいよ来週。


先週のG1高松宮記念。私の本命エーシンフォワードは9着に完敗。フラワーカップでのマヒナの複勝370円と、毎日杯のレッドデイヴィスの単勝380円しか取れなかった。レッドデイヴィスは今年の3歳牡馬では一番強いと思っていたので、トーセンレーヴなんかには絶対に負けないと思っていたのだが、ただ正直単勝は400円はついて欲しかった。参加された皆様には満足出来るだけの結果を残せなかった事をお詫び致します。


今週の土曜日の中山牝馬ステークスと日経賞。日曜日のダービー卿CTと大阪杯の4重賞は全てメルマガにて配信します。又、当サイトでの無料予想も配信しますので、よろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る