メルマガ反省記

  • 2010-12-9


毎年この時期は、来年の配合種牡馬のご案内も兼ねて、各スタリオン(種付け場)の営業の方々が来場して来る。ディープインパクト、キングカメハメハ等の多くの人気種牡馬を管理している、天下の社台スタリオンとて同じ事。今年のキングジョージを歴史的な圧勝で制したハービンジャーを導入した同スタリオン。営業側でも相当に力を入れているらしく、「来年の種馬にぜひハービンジャーを」と強力にプッシュ。社台特製のチビちゃん用の馬服を置いていってくれたが、その馬服にも、ちゃっかりハービンジャーのプリントが。(写真)社台スタリオンぬかりなしといったところか。
先週のジャパンカップダート。私の狙い馬ラヴェリータは7着。完全に力負けだ。複勝狙いの13番人気、クリールパッションは6着。そのジャパンカップダートを含めた先週のメルマガの結果は惨敗。攻めに行った予想での結果なので、自分自身では納得しているのだが、いくら無料とはいえ予想を提供している以上、当たらなければどうにもならない。昨年某サイトでの予想を含め、今年これだけG1が当たらないのも私の馬券人生でも記憶がない。 だからといって、これからも安易な人気馬などを本命にするつもりはない。男なら競馬とセックスは攻めなければいけない。もちろん仕事もね。たった一度きりの人生、誰に何を言われようが、これからも私自身の考えを貫いていく。
今週のG1は阪神ジュベナイルフィリーズ。毎年思うのだが、なんだこの名前は。言いづらいったらありゃしない。拝啓JRA様、普通に阪神2歳牝馬ではダメなんですか?人気はレーヴディソールとダンスファンタジアに集中すると思われるが、私の狙いはこの2頭のおかげで、今回人気が間違いなく落ちるある馬の単勝が勝負馬券。そしてもう一頭、抽選対象馬だが早くから「ココでこそ!!」と狙っていた、とある人気薄の穴馬。抽選を突破出来たら複勝にズドンとぶち込むつもりでいる。今年の阪神JFは近年稀に見るハイレベルと言われているが、所詮は不確定要素満載の2歳の牝馬同士。波乱があっても全然不思議じゃない。特に牝馬としか戦っていない、ダンスファンタジアなんて危険な人気馬。もちろんレーヴディソールにだってツッコミ処が満載。その見解を含めた阪神JFの予想は今週末。すでに当サイトでご案内の通り、今週の阪神JFを始め、自信の穴馬本命予想の来週の朝日杯。そして年末の有馬記念を含めた今年最後のイベントを行います。前開催のイベントは、正直マイナス収支で会員様にご迷惑をかけてしまったが、「終わり良ければ全て良し」。きっちりと黒字収支で終わらせて、気持ち良く新しい年を迎えたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る