W杯でまさか「ヤラズ」を見せられるとは思ってなかったが、それでも結果オーライなら良しなのか?

  • 2018-6-29

日本はポーランドに負けはしたが、結果的にグループ2位で決勝トーナメントに進出。本来なら喜ばしいことなのだが、なんでしょう、このモヤモヤ感は。

ラスト15分は戦わないこと、競馬で例えるなら「ヤラズ」を選んだ日本。それも戦術だと言われたらそれまでだが、負けているチームが戦わず、試合で負けたのに喜んでいる選手とサポーターの面々。なんでしょう、このモヤモヤ感は。

次の日も朝4時半から仕事だったが、それでも睡魔と戦いながら運命の一戦を共に戦いましたよ。だからこそ「ヤラズ」の作戦には正直ガッカリしたし、ブーイングを浴びているチームジャパンは悲しかった。

それでも久しぶりの決勝トーナメント。相手は強豪国ベルギー。失うものは何もない。次こそは泥臭く、最後まで諦めない日本のサッカーを見せてくれることでしょう。頑張れ、我らが日本!! 等と書いてみましたが、なんでしょう、今でも残っているこのモヤモヤ感は(苦笑)。

先週は土曜日東京の最終レースで、13番人気インジャスティスの複勝960円を狙って的中も、肝心の宝塚記念は不的中でご迷惑をおかけしました。

サッカーW杯も競馬も結果が全て。今週のラジオNIKKEI賞とCBC賞は頑張りたい。

ちなみに27日の帝王賞はツイッター限定のゲリラ予想で配信。ゴールドドリーム、サウンドトゥルーとのワイド500円を馬連ワイドの1点で的中。馬券を買われた方はおめでとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る