今年のクラシックロードもある程度は見えてきましたな。

  • 2018-3-9

3月に入りましたが、今週も色々なことがありました。

女子レスリングのパワハラ問題に、北朝鮮の非核化の可能性示唆。明るい話題ではイチローのマリナーズ復帰。

ただね、やっぱり釈然としないのは、「森友学園の文書」書き換え疑惑よ。これが事実なら内閣総辞職クラス。少なくとも財務相を兼任している麻生さんの撤退は確実だわな。

だが逆に、書き換え疑惑が誤りなら、記事を出した朝日新聞がブッ飛ぶ。てか、何故に朝日新聞さんは確認したブツ(証拠)を紙面に出さないのかな。

そして我が牧場では、今年一発目のチビちゃんが産まれました。お父さんがローレルゲレイロの男の子です。

少しばかり小さいですが、元気一杯でスクスクと育っています。お母さん馬の今年の配合種牡馬はホッコータルマエです。

先週の弥生賞とチューリップ賞の結果を受けて、今年のクラシックロードもある程度は見えてきましたね。

ヘンリーバローズの春全休は残念だが、男馬はダノンプレミアムとワグネリアンの2強体制。牝馬はラッキーライラックが頭ひとつ抜け出した感がある。

今週はフィリーズレビュー、アネモネステークスの両桜花賞トライアルに注目。

特に馬券的にも楽しめそうなのがフィリーズレビュー。狙いは人気を落とすアノ穴馬2頭!!

豪華メンバーが集結の金鯱賞は、本命馬の単勝でスワーヴリチャードをブッ倒す!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る