単複ドットコム(無料メルマガ予想:2017年10月22日)

  • 2017-10-22

いつもご利用ありがとうございます。
単複ドットコム(旧覆面生産者の馬券術)です。

皆様こんばんは。北海道新冠町の覆面生産者です。

10月22日、日曜日のG1菊花賞予想を配信します。

富士ステークスのサトノアレスは6着。ロードクエストは12着で惨敗。結果は残年だったが、自分では悔いのない予想をしたつもりだ。

日曜日の京都も台風の影響で大雨予報。今年の菊花賞は、間違いなくスブズブの道悪競馬となる。

☆日曜日メルマガ予想

▽京都11R 菊花賞
狙い馬
サトノクロニクル
スティッフェリオ

馬券はサトノクロニクルの単複。穴馬スティッフェリオの複勝。完全に絞った。

サトノクロニクルで大きく勝負するが、やはり騎手ルメールとデムーロが怖い。別にアルアインとキセキが怖いのではない。ましてやこの馬場だからね。

だが、もしもアルアインとキセキがこの馬場でも馬券内に来たら、それは馬の力もそうだが、それ以上にルメール、デムーロの騎手の技量だ。それくらい今年の菊花賞は騎手が最重要だと思っている。

サトノクロニクルは今回初めて福永が乗る。この乗り替わりに私は歓喜した。

私は兼ねてから何度も言っているが、福永はディープ産駒(特に男馬)とは相性が悪い。理由は簡単で、福永のスマートな騎乗ではディープ産駒のエンジンをかけられないからだ。

だが、俊敏に反応してくれる産駒が多い父ハーツクライ。これとの相性は抜群。前走の後に「本番では福永が乗らないかな?」と願っていたら、その願いが現実となった。ということで本命はサトノクロニクル。騎手福永とハーツクライ産駒で買う。

サトノクロニクル自体も、2走前は負けるべきして負けたレース。この馬に小回りの福島コースは合わない。前走のセントライト記念は3着も、本番に向けていかにも良い負け方。極悪馬場も苦にしないと思う。

本番では3コーナーの下り坂から一気に仕掛けて、早め先頭で押し切る競馬をしてほしい。それでまけたら仕方がない。

スティッフェリオは血統と枠で買う。特に母父ムトトが素敵。若武者、松若風馬の積極的な騎乗に期待したい。

買い目
サトノクロニクル
単勝2000円
複勝5000円

スティッフェリオ
複勝3000円

菊花賞出走全馬を短く解説する。

ブレスジャーニー。転厩初戦の長期休養明け。普通は厳しいわな。

ウインガナドル。前走は古馬相手に健闘。黄金配合も魅力だが、ちと人気になりすぎた感がある。

スティッフェリオ。内ラチ沿いをビッタリと回れるこの枠は素敵。血統からも道悪競馬は大歓迎。

クリンチャー。馬は魅了だが、鞍上はG1では買ってはいけないジョッキー。残念だな。

トリコロールブルー。この馬の血統も魅了だが、戸崎の京都の外回りは信頼できないんだよ。

マイネルヴンシュ。コスモオオゾラの下。てか、この馬もステイゴールドか(笑)。第2のデルタブルースになれるか。

アダムバローズ。好きな馬なんだよね。ただ、狙うのは次かな。

サトノアーサー。パンパンのスピードの出る良馬場なら押さえるが、スタミナを要する極悪馬場ではキツイだろう。

クリノヤマトノオー。父ジャングルポケット、母父アグネスタキオン。ひと昔前の競馬ファンが涙する配合。来年の秋の天皇賞で狙います。

ベストアプローチ。この馬はよく分からん。ただ、いつも通りの後方からの競馬では厳しいかな。ちなみに生産者ルートの激推し馬。

ミッキースワロー。秋華賞のラビットランよろしく、ミッキースワローも前走で仕事は終わりでしょう。これで良馬場なら前走で見せた決め手が生きるが、超不良の極悪馬場では。

キセキ。ルーラーシップ産駒ながら鋭い決め手を持つ。だからこそ明日の極悪馬場では要らないよ。後方からの極端な競馬しかできないのも不安。これで来られたら「やっぱりデムーロって凄い」と素直に思おう。

ポポカテペトル。良馬場なら買いたかったディープ産駒。

ダンビュライト。ノーザンファームいち押しのルーラーシップ産駒。同じ産駒のキセキとの違いは、タフな馬場でこそ能力全開。鞍上も魅了で単勝を買いたかったが、ちと人気になりすぎた感もある。

アルアイン。皐月賞で単勝を取ったのが自慢(笑)。極悪馬場の菊花賞を勝たせたら、それこそ「さすがはルメール!!」としか言いようがない。

プラチナヴォイス。父、母父から不良馬場は歓迎のクチも、重馬場のきさらぎ賞で完敗だったからなあ。

マイスタイル。鞍上は魅了だが、弥生賞2着とダービー4着は共に横山典弘でのもの。四位の騎乗ぶりに注目したい。

以上が今年の菊花賞の見解だ。来週は中距離の王者を決める天皇賞(秋)。既にわたくし覆面生産者の本命馬は決定。詳細は来週。

以上、よろしくお願い致します。

☆———————–☆
単複ドットコム
URL : http://tanpuku.com
Mail : info@tanpuku.com
☆———————–☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る