マイルチャンピオンシップは、ディープ産駒との戦いだ!!

  • 2016-11-19

先週は何だかんだで立て込んでしまい、この生産者コラムは久々のズル休み。

皆様こんにちは。2週間ぶりのご無沙汰となります(苦笑)。とはいえ、今週も何だかんだ忙しかった。

「場長になったら、こんな事までするの?」ってぐらいの用件が満載。気楽な立場だった去年までが懐かしい(笑)。

東京からのお客様(知り合いの女性タレントさん)を札幌で接待?したり、調教師の先生方や生産者との打ち合わせを兼ねた会食が続いたりと、今週もあっという間に時間が過ぎて行くよ。

今週は某牧場の生産者と食事をした時に、熱い議論を交わした事に触れたい。その議論の内容は、今年の北海道2歳優駿の勝ち馬エピカリスについて。

エピカリスはキャロットクラブの馬なので、てっきりノーザンファームの生産馬と思ったら、浦河の生産馬だったのね。こんなとんでもない大物が浦河産というのは、賞賛に値するし、我々日高の中小牧場にとっても希望の光となる。

でもね、奥さん。いくら浦河産馬とはいえ、エピカリスは今やノーザンファームで育成され、ノーザンファームが経営するキャロットクラブの所属馬。

そんなノーザンファームのキャロットクラブの所属馬が、北海道2歳優駿まで荒らしに来るなよ。てか、北海道2歳優駿なんだから、道営の2歳馬にもチャンスをやってくれよ!!っと、このレースに生産馬を出走させた生産者が、私の前で酒を飲みながら思いをぶちまけていた。

熱い議論というよりは殆んどが愚痴だったが、痛いほど分かるよ。

「愚痴ってないで、お前も北海道2歳優駿を勝てる馬を造れよ!!」と言われそうなので、紹介します。写真は今年産まれたゴールドアリュールの男馬。栗東の角田晃一厩舎に入ります。

この馬で2年後の北海道2歳優駿、いや、全日本2歳優駿を本気で狙ってますので、愚痴のひとつぐらいは言わせてくださいな(笑)。

今週はマイルチャンピオンシップ。毎年このレースはディープ産駒との戦いだわな。

一昨年は8番人気ダノンシャークの単勝1810円を的中。9番人気グランデッツアとのワイド4320円をW的中と、私にとってはそれなりにゲンの良いレース。

今年の本命馬は既に決定。スワンステークスで狙って単勝を取ったサトノアラジンは、単なるトライアル(前哨戦)ホース。危険な人気馬だ。

dsc_0002

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る