ルージュバックがエプソムカップに出走? 焦るなよ(笑)

  • 2016-6-10

今年の日本ダービーは終わったが、来年のオークス、ダービーに向けての新たな戦いは、既に先週から始まっている。

私の今年のPOG馬ホットセット(ドラフト2位指名馬)は、先週の土曜日にデビュー。残念ながら2着に終わったが、スタートダッシュが速く、前々で競馬が出来るので、直ぐに順番は回って来るだろう(ちなみに私の今年のPOG馬リストは先週の生産者コラムを参照)。

先週から始まった新馬戦で、ちと私が気になった点が一つ。ビッグレッドのアイルハヴアナザー産駒が芝で切れないのは想定内だが(笑)、ちと気になったのがルーラーシップ産駒。

先週の阪神でデビューした、ルーラーシップ産駒のスズカマイゲストは2人気に推されたが、結果は10着に大惨敗。いやいや、負けるのは仕方がないとしても、問題はその走りよ。

「スタートとしても、全く前に進んで行きませんでした」と、レース後のスズカマイゲストの騎手の謎のコメント。

そして我が牧場にも、今年デビューを迎えるルーラーシップ産駒の2歳馬がいる。このルーラーシップ産駒はなんの前触れもなく、突然制御不能の動きをする事が度々ある。しかもこの馬は重賞勝ち馬の弟。

思えばルーラーシップの晩年は、ゲートでは常に制御不能の大出遅れが続いた。そんな制御不能のDNAが、少なからず産駒にも伝わっているんじゃないかと、懸念を抱いている今日この頃。

いやいや、ルーラーシップ産駒のデビューは、先週のスズカマイゲストの1頭だけ。そんなに神経質になる必要はないのかもしれない。それでなくともルーラーシップはキンカメの後継種牡馬にしようと、社台スタリオンがそれはそれはルーラーシップを家宝としている。

今週のルーラーシップ産駒のデビュー予定馬はレジェンドセラー。今年のオークス2着馬チェッキーノの弟ラボーナと並んで、ルーラーシップ産駒が送り出す超大物だ。

このレジェンドセラーが普通に勝てば、何の問題もありゃしない。だが、先週のスズカマイゲストよろしく、制御不能の謎の走りを見せて惨敗したら…。

今週日曜日の東京新馬戦。ルーラーシップ産駒の今後を占う意味でも、レジェンドセラーの走りに注目しなければならない。

今週より宝塚記念に向けての有料予想イベント、「Road to 宝塚記念」が開幕。私の宝塚記念の本命馬は既に決定。サルでも分かるキタサンブラック、ドゥラメンテなんぞに興味なし。

今週の勝負レースはエプソムカップ。ルージュバックがエプソムカップに出走するが、なんでG3のエプソムカップなんかに出走するの? 本当は宝塚記念に行きたいんじゃないの? そんなに賞金を足したいの?

オイオイ、ルージュバックよ。そんなに焦るなよ(笑)。こんな焦っているルージュバックなんぞ、危険な人気馬。私のエプソムカップの本命は、待ってました!!のアノ馬。

写真は先日に産まれたスクリーンヒーロー産駒の女の子。スクリーンヒーロー産駒の牝馬は走らない等と、真しやかな噂が流れているが、この馬はレベルが違うわい!!

3年後のオークスは、このスクリーンヒーロー産駒で我が牧場に、金の雨が降るぞ!!

DSC_0178 (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2014-7-18

有料予想イベント 「春のG1闘い絵巻」

ページ上部へ戻る