[有料予想サンプル] 2014/06/01 日本ダービー

  • 2014-6-1

いつもご利用ありがとうございます。
単複馬券のススメです。

皆様こんばんは。北海道新冠町の覆面生産者です。

6月1日、日曜日の東京優駿、日本ダービーの予想を配信します。

土曜日の穴馬で取り挙げたヘニーハウンドは、見せ場十分の内容も結果は5着。京都の白百合ステークスも不的中で、土曜日は2戦2敗の体たらく。ご迷惑おかけしました。

日曜日は日本ダービー、そして目黒記念の予想を配信します。

☆日曜日重賞レース予想

▽東京12R 目黒記念
狙い馬
マイネルメダリスト

目黒記念はG2レースだが、毎年たいしたレベルではない。そんなレベルだからこそ、マイネルメダリストで十分勝負になる。単勝のイメージは無いので、同馬の複勝で勝負。前走G1出走のアスカクリチャンとのワイドも買う。

買い目
マイネルメダリスト
複勝3000円

ワイド
10-14 1000円

☆日曜日勝負レース予想

▽東京10R 日本ダービー(東京優駿)
狙い馬
ショウナンラグーン

ダービーは東京10Rですので、お間違いなくお願いします。

本命は昨夜でも述べたショウナンラグーン。ウインフルブルームの出走取消は本当に残念だが、だからこそ腹をくくった。

ダービーの基本は皐月賞からの直行組、もしくはひとりのジョッキーが乗り続けていること。この理由だけでディープブリランテの単勝と、アントニオバローズの複勝を狙って取れた。

逆に絶対にダメなのが、ダービーでのテン乗り。この理由だけで人気どころのレッドリヴェール、ワールドインパクトが消せる。

ショウナンラグーンは皐月賞こそ不出走も、デビューから吉田豊&大久保洋吉陣営がジックリと仕上げてきた。同馬の父は昨年のダービー2着馬を輩出したシンボリクリスエス。母父はアントニオバローズを輩出したマンハッタンカフェ。母方のお婆様がオークス馬メジロドーベル。府中の2400はドンと来い!!の配合だ。

前走の青葉賞は外をブン回しながら、上がり33秒台の最速の脚を披露。ウインフルブルームの取消で、今年のダービーはスローペース必至。4コーナーではそれこそ団子状態、最後は決め手勝負となる。それこそショウナンラグーンには望むところ。

以上の理由から、今年のダービーの本命はショウナンラグーンとした。ただし、青葉賞の勝ち馬はダービーでは2着までしか来ていない。シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、フェノーメノといった超一流馬でも勝てなかった。ショウナンラグーンの馬券も、あくまで複勝(単も少々)での勝負となるが、私は同馬の複勝を1万円買う。

ショウナンラグーンは大久保洋吉厩舎ゆかりの血統。その大久保洋吉調教師も来年2月で定年を迎える。エージェントや馬主サイドの意向で、調教師とその専属騎手が希薄な関係になりつつある今日、大久保洋吉調教師は、頑なまでに弟子の吉田豊を乗せ続けてきた。これから先、もうこんな太い絆の師弟コンビは出てこないだろう。それこそジャングルポケットの渡辺栄調教師、角田晃一のラインを彷彿させる。昨年のダービーはキズナが勝った。今年のダービーは大久保洋吉調教師、吉田豊との「絆」でダービーを爆走する。

師匠のラストダービーのために、吉田豊よ、男になれ!!

買い目
ショウナンラグーン
単勝1000円
複勝10000円

出走メンバーを短く解説する。

サウンズオブアース。ネオユニヴァース産駒で1番枠とくれば、ロジユニヴァースを彷彿させるが、そこまでの馬ではない。

ワンアンドオンリー。前日オッズでは2番人気。皐月賞で見せた最後の脚は強烈も、私は同馬は内回り巧者だと思っている。母父がタイキシャトルというのも危険な材料。

マイネルフロスト。毎日杯の勝ち馬も、その毎日杯は単なるごっつぁん。前走の青葉賞が実力だと思う。

アドマイヤデウス。父はアドマイヤドン。皐月賞の時でも述べたが、アドマイヤドンはクラシック血統ではない。

トゥザワールド。勝つイメージは無いが、普通に走れば普通に馬券内には来そうだ。人気なので3連複、3連単を買う人は普通に買えば良い。私は買わないが。

スズカデヴィアス。鞍上、血統共に魅力も、前走の京都新聞杯が負けすぎた。

アズマシャトル。2歳時の暮れまでは頑張っていたが、 3歳になってからはサッパリ。

ベルキャニオン。皐月賞からの直行なら買いたかった。プリンシパルさえ使わなかったら、本命にしたかったほどの素質馬。

ハギノハイブリッド。血統だけならダービーに一番近い馬。それだけにウィリアムズへの乗り替わりが痛い。その前にウィリアムズの乗り方には合わないんじゃないかな。

エキマエ。貴方は芝のダービーではなく、南関のダービーに行きなさい。ドMの方はどうぞ。

イスラボニータ。今年の皐月賞馬。これまでの戦績は完璧。あっさりと勝たれたら仕方がない。ダービーは己れの父フジキセキとの戦いとなる。

タガノグランパ。秋はマイル路線に行くのかな。とりあえず菱田君のダービーの練習。

サトノルパン。今年のマイルチャンピオンシップに出走できるか。出走してきたら本命候補。

レッドリヴェール。鞍上が戸崎のままなら買いたかった。この馬は戸崎の豪腕で勝負根性を引き出された。ソフトで軟らかい乗り方をする福永には合わないよ。

トーセンスターダム。京都コースでは滅法強い、典型的なディープ産駒。東京なら前走の皐月賞よりもパフォーマンスを上げてくるかもしれないが、所詮はラシンティランテの下だからね。武豊ファン、ラシンティランテのファン方は、普通に買えばいい。

ワールドインパクト。この馬も鞍上がコロコロと替わりすぎ。前走の青葉賞でもショウナンラグーンの決め手に屈している。

以上が今年のダービーの予想となります。

ダービーは競馬の祭典。有馬記念と並ぶG1中のG1だ。だが年間を通して見れば、単なる一つのレースにすぎない。G1レースは来週の安田記念もある。

以上、よろしくお願い致します。

☆———————–☆
単複馬券のススメ
URL : http://tanpuku.com
Mail : info@tanpuku.com
☆———————–☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る