金杯後記

  • 2010-1-7

今年の中山金杯はゴール前の激戦から頭一つ抜け出した、一番人気の7歳馬アクシオンが制した。前走の鳴尾記念に続いての重賞制覇。

恐るべきは死してなお重賞勝ち馬を輩出するサンデーサイレンスの血か。私の本命馬トウショウシロッコは2着でした。
4コーナーでは絶望的な位置にいながら、よく突っ込んで来てくれた。もう一頭の狙い馬、アスクデピュティも差のない9着。同馬はこれからも出走してきたら注目したい。
京都金杯の私の狙い馬、ティアップゴールドは直線で前が開かずジエンド。競馬にタラレバは禁句だが、外に出せてればもう少し良い競馬が出来た筈。
まあ同馬を本命にした私のセンスが無いだけか。トウショウシロッコの複勝が360円付いてくれたお陰で、殆どプラマイゼロ。実はそれが大事、競馬に勝つ事は大事だがそれ以上に負けない事が大前提。

その積み重ねが年間のプラス収支に繋がる。おまけのレースは余計だったけどね。

とりあえずサイトを立ち上げての一発目で、一つも当たらなければシャレにならなかったので、とりあえずはホッとしている。

今週末の競馬は3日連続開催。レース展望を含めた生産者コラムは明日に送信する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る