3歳牡馬路線は大混戦、だからこそ我に皐月を!!

  • 2014-4-17

写真は先日産まれたディープの女の子。ディープと言ってもインパクトじゃなくて、スカイの方ね(苦笑)。

ディープスカイの初産駒は明け3歳になっても苦戦中。ただディープスカイ自身も3歳になってから本格化しただけに、もう少し長い目で見てあげたい。今は亡きアグネスタキオンの後継種牡馬だからね。

それにこの女の子の母馬の血統は、それこそ世界の良血。ダーレーの方から、「ウチの種馬を付けてください」とセールスに来たぐらいなのだから。馬体の造りだけを見れば、それこそ男馬と勘違いしてしまうほどの雰囲気が漂う。3年後の桜花賞はもらったな(言うだけは自由なので)。

預かる厩舎はまだ決まっていないが、私の中では栗東の角田厩舎、もしくは千田厩舎に預けてみたいと思っている。


DSC_0062

先週の桜花賞は終わってみればハープスターの順当勝ち。土曜日の阪神牝馬ステークスの9番人気ローブティサージュの複勝490円的中も、肝心の桜花賞は不的中。有料予想会員の皆様方にはご迷惑おかけしました。

今週のG1は3歳牡馬クラシック1冠目の皐月賞。桜花賞とは異なり、今年の3歳牡馬路線はレベルの高い大混戦。バンドワゴンの出走回避は残念だが、先週の桜花賞よりも配当的なウマミは断然皐月賞の方だろう。

その皐月賞の私の本命馬は既に決まっている。寺山修司の「われに五月を」如く、我に皐月賞の的中馬券を!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2014-7-18

有料予想イベント 「春のG1闘い絵巻」

ページ上部へ戻る