ディープの娘とはいえ、母父がファルブラヴのハープスターってどうなのよ?

  • 2013-12-5

オルフェーブル、ロードカナロア、エイシンフラッシュ。そして海外からはノヴェリスト。

来年の新種牡馬はかつてないほどの豪華メンバー。上記の4頭は全て社台スタリオンに入るんですかね。さすがとしか言い様がありません。

ただし、我が新冠町にある優駿スタリオンも今年は負けてません。ダートG1で9勝を挙げたエルポワールシチー。今はまだ数が少ない父ディープインパクト産駒のスマートロビン。09年のダービー馬ロジユニヴァース。

期待はなんと言ってもロジユニヴァース。私が愛したアントニオバローズ世代のダービー馬です。ロジユニヴァースの晩年は、居るんだか居ないんだか分からない、残念な形での引退となった。が、同馬のポテンシャルは、近年のダービー馬の中でもトップクラスの位置付け。少なくともディープブリランテ、エイシンフラッシュよりも強いと思う。

もっと早くに種牡馬入りしていれば、それこそ社台スタリオンで200万以上の種付け料を取れていた筈である。それが新冠町に来る事によって、種付け料も格段に安くなる。こんな美味しい話に乗らない手はない。もちろん我が牧場の繁殖牝馬にも、ロジユニヴァースを種付けしますよ。このロジユニヴァースが新冠町の牧場に金の雨を降らす。

今週のG1レースは、2歳牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズ。毎年言っているが、なんだこのレース名は。舌が回らないぞ。普通に阪神2歳牝馬ステークスではダメなのか。

1番人気が確実のハープスターは、既にダービーへの登録も済ましているとか。前走の新潟2歳は確かに凄かったが、所詮は母父がファルブラヴ。今週の阪神ジュベナイルこそ、完成度の高さでブッコ抜くかもしれない。だが来年の桜花賞(皐月賞)、ましてやオークス(ダービー)ではどうかな。

私の本命は人気を落とす穴馬。馬券はこの馬の単複、そしてハープスターとのワイド(馬連)1点勝負となる。詳しい見解は今週末。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る