マイルチャンピオンシップ後記

  • 2013-11-18

大混戦と思われた今年のマイルチャンピオンシップ。終わってみれば京都外回りでは鬼のトーセンラーの圧勝。2着のダイワマッジョーレは、強いというよりも内々で上手く脚をタメれただけの結果。1番人気ダノンシャークの3着はこんなもの。予想コラムでも述べたが、同馬はズブさのある差し馬。その弱点をウチパク、デムーロ、ルメールといった豪腕タイプの騎手がカバーしてきた。当たりの柔らかい軽い騎乗をする福永では、ダノンシャークを動かせられないと予想した。それからカレンブラックヒルのシンガリ負けには寂しさを覚える。今年のフェブラリーステークスを使ったのが原因で、すっかり馬がおかしくなってしまった。

混戦のマイルチャンピオンシップも、結局は上位人気の3頭での決着。私の狙い馬サクラゴスペル、リアルインパクトは共に惨敗。ワイドボックスでトーセンラー、コパノリチャードも入れていたのだが、1着、4着の結果で残念ながら馬券も不的中。有料予想会員の皆様方にはご迷惑おかけしました。

同じ日に行われた福島記念は、7番人気の狙い馬ラブイズブーシェの複勝490円を狙って取った。会員様の中には3連複、3連単を的中された方もいらっしゃいました。おめでとうございました。

今週のG1レースはジャパンカップ。かつては毎年の様に目玉になる外国招待馬が参戦してきたが、今年の招待馬のメンツは本当にヒドイですね。JRAもそろそろ本気でジャパンカップの位置付けを考えなければいけない時期に来ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2014-7-18

有料予想イベント 「春のG1闘い絵巻」

ページ上部へ戻る