今週は宝塚記念。オルフェーヴルは大島優子になれるのか。

  • 2012-6-20

先週のギャロップですか。ハービンジャー産駒の特集を組んでたのは。キングジョージを歴史的な大差で圧勝した2010年世界最強馬。と いう触れ込みだが、本当かいな。写真は我が牧場で今年産まれたハービンジャー産駒の牝馬。 栗東の日吉厩舎に入ります。
日吉厩舎は正直馬主さんに恵まれていないため、良血馬などは入っていません。それでも試行錯誤しながらも立派に厩舎経営してます。日吉調教師もこまめに我が牧場に来場されます。私はこういう調教師の先生が好きなんです。後からノコノコやって来て、「馬2、 3頭くれ」等と、ふざけた事を言う調教師なんかに、私は絶対に預けません。 貴方の事を 言ってるんですよ。某調教師の先生!!
それにしても、ハービンジャーの仔をお願いした時の日吉先生の笑顔は今でも忘れられない。良 かった。 先週の函館スプリントステークス。私の狙い馬、最低人気のビスカヤが3着に激 走。複勝1820円、ロードカナロアとのワイド2550円を的中。私を信じて有料予想会員に登録して頂いた皆様。本当におめでとうございまし た。そしてありがとう。今週の宝塚記念も頑張ります。
「もう一度この景色を見たかったんです」。先日 のAKB総選挙でトップに返り咲いた大島優子さんの言葉。 コレってそのまま、オルフェーヴルの言葉になりませんか。ならば宝塚記念を勝つの はオルフェーヴルという事か。確かに昨年までの強さが戻っているならば、あっさりと勝つだろ う。 だが私の本命はあの馬だ。土曜日の夜、出走全馬の解説を交えた予想を配信する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る