天皇賞は怪物オルフェーヴルの独壇場なのか。

  • 2012-4-27

先日、とある大手生産牧場の場長と食事をした時の事。社台グループと日高の生産牧場とでは、何故にこうも違うのか?というお題で熱く議論を交わしあった。だがそれ以上に盛り上がった内容が、ステイゴールドの今年の種付け料が600万だという事。それにしても随分とボッタくったもんだ。

いくらオルフェーヴルが3冠を取ったからといっても、去年の種付け料の倍以上。マックイーン肌の繁殖牝馬でも持ってれば話しは別だが、600万も出して無理に付けることもない。というのが一致した意見。ちなみに我が牧場では、今年2頭のステイゴールドの仔が産まれた。幸いに昨年の種付け料は今年の半額以下だったからね。もちろん今年は高騰したステイゴールドは付けません。それなら種付けを料を抑えても、ドリームジャーニを付けた方がおもしろい。

 

写真は今年産まれたステイゴールドの男馬。我が牧場の今年産まれた当歳馬の中でも、1、2位を争うグッドルッキングホースです。私のツルのひと声で、角田厩舎に決定です。今から3年後のクラシックが楽しみだ。

120426_181153

今週は天皇賞ですね。前走は負けても、ある意味怪物レベルの走りを見せたオルフェーヴル。普通に走れば普通に勝つでしょうなあ。しかもあっさりと。天の邪鬼の私も、さすがに今回のオルフェーヴルには逆らえない。馬券はオルフェーヴルから、とある馬との馬連、ワイド1点勝負となります。

 

先週の大勝負レースだった日曜日のフローラステークス。10番人気の狙い馬、ターフデライトは無念の4着でした。有料予想会員の皆様。先週もご迷惑おかけして、本当に申し訳ありませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る