今週はG1シリーズ天王山ジャパンカップ!!

  • 2010-11-26

先週のマイルチャンピオンシップの勝ち馬、エイシンフォワードは馬の力もあったが、なんといっても鞍上岩田の見事な手綱さばきが光った。やはりG1は、馬よりも騎手だと改めて思いしらされた。私の狙い馬、ワイルドラズベリーは8着。いくら外差しが効く馬場とはいえ、鞍上の池添もドリームジャーニーやデュランダルに乗ってる訳ではないんだから、内に居るのに4コーナーで大外にブン回すのは止めて欲しいよ。結果的に同馬を本命にした私のセンスも無いが、少なくとも私は生産者からの目線で言わしてもらっている。私達生産者の生活は、生産馬を預けている厩舎、そして騎乗している騎手に全てを託している。だからこそ下手な騎乗をしてもらったら困るんだ。ワイルドラズベリー生産の、ノーザンファームのとある関係者も大激怒。次走の乗り替わりは確実。2着はダノンヨーヨー、3着はゴールスキー。「人気馬とはいえG1は初挑戦。今回はG1の格に跳ね返される」と、予想コラムで述べたのとは裏腹に、あっさりと馬券内に来られてしまった。押さえの複勝狙いのガルボも15着。

無料予想コラムの福島記念で、12番人気のダンスインザモアの複勝950円。一番人気ながら、トウショウシロッコとディアアレトゥーサのワイド440円。そして東スポ杯2歳Sの生産者ルート自信の狙い馬、フェイトフルウォーの複勝360円を的中し、先週は黒字収支になったとはいえ、肝心のG1が取れないようでは終わってる。そのG1も、今週はいよいよ秋の天王山ジャパンカップ。スノーフェアリーの辞退は残念だが、それでも今年は史上最高のメンバー(特に日本馬)が揃った。中でも中心はやはりブエナビスタ。そんでもって相手は強い3歳のエイシンフラッシュとペルーサを買っとけば万全なのか。 いや、そんな簡単には決まらない。ココでこそ!と暖めていた私の自信の狙い馬が、満を持して出走する。当日はこの馬の単複(特に複勝狙い)と、ブエナビスタとのワイドで勝負する予定でいる。詳しい見解は今週末。興味がある人のみイベントに参加して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る