ヴィクトリアマイル後記

  • 2010-5-20

サクラプレジデントの男の仔本日我が牧場に、私が、そして角田晃一新調教師が愛した、アントニオバローズを管理する武田調教師が来場。今年産まれた当歳馬を全て見て頂いたのだが、中でも一番誉めて頂いたのが写真のサクラプレジデントの男の仔。この仔は我が牧場の今年産まれた当歳馬の中でも、見映えだけなら間違いなく3本の指に入ると思っております。ちなみに、武田先生にアントニオバローズの近況を訪ねると、喉の手術をした後に体調を崩してしまったらしい。今は休養中という事で、一日でも早く元気になって、ターフに戻って来て欲しいと心からそう思う。

先週のヴィクトリアマイル。馬券の写真を見て頂ければ分かるが、本命ブエナビスタも馬券は完敗。ワイドの相手本線のミクロコスモスは、懸念してたスタートで後手を踏んだのが痛い。最後は勝ったブエナビスタをも上回る、上がり33秒3の凄い脚で来たものの、差のない無念の6着。イベントにご参加の皆様、大変申し訳ありません。土曜日の馬券が調子良かっただけに、ヴィク
トリアマイルでも結果を残したかった。この悔しさを今週末の優駿牝馬、オークスで絶対に晴らしてみせる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る